JAN:4960999845715
品番:your4-9609998457-jp-15
商品名:レンズ CANON EF40mm F2.8 STM
【特長】 直径68.2mm、厚み22.8mm、重さ約130g。EFレンズ最薄型、最軽量を実現したパンケーキレンズ。 ステッピングモーター(+ギア)を採用したことで、レンズの小型化、静音&高速オートフォーカスを実現。 動画撮影もより快適に。 最短撮影距離0.3m、撮影倍率0.18倍。円形絞りの採用により、美しいボケ味を実現。 コンパクトな設計のため、気軽にスナップ写真を撮ることができ、人物撮影においては、圧迫感を与えることなく撮影できるレンズとしても有効です。 ※カメラのAF動作が[ワンショットAF]の際、AFの作動が終了したあとに、シャッター半押し状態でフォーカスリングを回すと、任意にピント調整が行えます。 また電源OFF時やオートパワーオフ、スタンバイ時にはマニュアルフォーカスでのピント調整ができません。 ■STM STMSTMとは、ステッピングモーター(SteppingMotor)の略称です。フォーカスレンズの駆動に使われます。 STMには、静粛性・スムーズさ共に優れたリードスクリュータイプと小型化を優先したギアタイプの2種類があり、静かでスムーズな駆動※が特長です。 ※EOSKissX6iとの組み合せにおいて(2012年6月現在) ■非球面レンズ 非球面レンズ大口径レンズの球面収差補正、広角レンズの歪曲収差補正、ズームレンズの小型化。 この3つのテーマを解決するために生まれたのが非球面レンズです。 ■フルタイムマニュアルフォーカス フルタイムマニュアルフォーカスオートフォーカスの後、撮影者が最終的なピント調整ができるように、ワンショットAFの後、フォーカスリングを回転させるだけで即時にマニュアルフォーカスが可能な機能です。 ※EFレンズ(フルサイズ対応) ◆EFレンズシリーズ最薄・最軽量を実現した「パンケーキレンズ」ステッピングモーター(STM)の採用などにより、100円硬貨の直径22.6mmとほぼ同じ、全長わずか22.8mmの薄型で、質量約130gの軽量設計。 ◆優れた描写性能特殊光学素子のガラスモールド非球面レンズ1枚を採用したことなどにより、諸収差を良好に補正し、F2.8の明るさとレンズ中心から周辺までの全域で高解像・高コントラストの高画質を実現。レンズ配置とコーティングの最適化により、フレアやゴーストを最小限に抑制。7枚羽根の円形絞りの採用により、美しいボケ味を実現。 ◆快適な撮影を実現する各種設計AF駆動にステッピングモーター(STM)を採用したことにより、「EF-S18-55mmF3.5-5.6ISII」などのDCモーターを搭載した機種よりも静かでスムーズなAF駆動制御を実現。絞り機構のマイクロステップ駆動制御で静音化を実現。制御で静音化を実現したことで、被写体に近づいた撮影が可能。オートフォーカスの後、撮影者が最終的なピント調整ができるように、ワンショットAFの後にフォーカスリングを回転させるだけで即時にマニュアルフォーカスが可能なフルタイムマニュアルフォーカス機構を搭載。 ■仕 様■レンズ構成:4群6枚絞り羽根枚数:7枚(円形絞り)最小絞り:22最短撮影距離:0.3m最大撮影倍率:0.18倍特殊光学素子:ガラスモールド非球面レンズ×1フィルター径:52mm最大径:68.2mm全長:22.8mm質量:約130g
基本仕様
対応マウントキヤノンEFマウント系フォーカスAF/MF
レンズタイプ単焦点詳細レンズタイプ 
フルサイズ対応レンズ構成4群6枚
絞り羽根枚数7 枚焦点距離40 mm
最短撮影距離0.3 m最大撮影倍率0.18 倍
開放F値F2.8画角(35mm換算) 
手ブレ補正機構 3D撮影 
撮影タイプ
フィッシュアイ マクロ 
アオリ撮影 望遠 
高倍率 広角 
ミラー 
形状
パンケーキ 大口径 
サイズ・重量
最大径x長さ68.2x22.8 mm重量130 g
フィルター径52 mm
ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌

2020年秋冬新作 STM F2.8 EF40mm CANON レンズ-カメラ用交換レンズ

2020年秋冬新作 STM F2.8 EF40mm CANON レンズ-カメラ用交換レンズ

ヘッドホン MONSTER CABLE CLARITY HD Wireless MH CLY GMET BT ガンメタル

【連載】シンガポールのオタク漫画家、日本をめざす #5 「アニメに惚れた」

2020年秋冬新作 STM F2.8 EF40mm CANON レンズ-カメラ用交換レンズ

『望み』雫井脩介インタビュー
犯人であっても生きていてほしい…息子は被害者なのか、それとも加害者なのか?

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

ページの先頭へ